川崎市市民エンパワーメント研修 【コミュニケーションアップ講座第3回】

講座名「Let’s アサーティブトレーニング!」 参加者のご感想を一部ご紹介します。

●自分を大切にして、他の人を尊重することが大事なのかなと思いました。
アサーティブの考え方を取り入れて、少しでも自分の考えとかを話せるようになれたらと思いました。
 
●初めて聞くアサーティブという言葉ですが、分かりやすく教えていただきました。
もっと深く勉強したくなります。
 
●「相手は悪気があってやっているわけではないので、相手の気持ちも考えて」自分中心な考えになりがちなので、本当に大事だと思いました。
 
●演習があったので実感しやすかった。攻撃型、受身型、作為型を意識することで、アサーティブ型に近づけると思った。
 
●アサーティブの権利・責任の内容。相手と自分を大切にすることが主旨と思いました。
 
●自分の言動を見直すきっかけとなりました。子育てに活かそうと思います。
 

体験談 「研修を受けて」

体験談 「研修を受けて」

介護職、薬剤師、看護師、言語聴覚士、放射線技師、事務局の方々からいただいた研修を受けての感想です。
 
●コミュニケーション技術などは他で受講しましたが、今回の研修では自分も大切にしながらという事で考えさせられました。アサーティブで自分を尊重し、相手の話を聞き、言葉のキャッチボールの大切さを今後、活かして行きたいと思います。
 
●自分はダメなんだと思っていましたが、自分もOKなんだと考えて良いと知ることができて良かったです。また、何か人に訴える時に感情が混ざってしまっていたと思うので、これからは簡潔に述べられるようにしたいと思いました。
 
●「アサーティブ」という概念について初めて学び、とても興味深かったです。Iメッセージのことは他で学んでいましたが、実践してみるものの、すぐ忘れ、YOUメッセージに戻っていました。今回は IとYOUのワークをやってみて、改めてIメッセージで伝える大切さを感じました。必要な場面で、実践アサーティブを使ってみたいと思います。
 
●研修を受けて、自分の感情・気持ちを知るようにして自分と向き合っていこうと思いました。今回学んだ伝え方のポイント5個、実践していきます。
 
●アサーティブという言葉を初めて知りました。自分の心と身体を大切にする権利があることがこの中の第一にある事に救われました。
 
●初めてしりました。自分をもう少し認めてあげてもいい、大切にしていい、発言してもいい権利があることがわかり、安心できました。日々、トレーニングしてみます。
 
●研修を受ける前はアサーティブコミュニケーションは「相手の気持ちを尊重する。相手の話を傾聴する。」というイメージを持っていましたが、自分が大事だという事がわかりました。「自分勝手」とは違うけれども「自分に素直、誠実」は難しいと思いました。ロールプレイがあって分かり易かったです。アサーティブになれない自分もOK.
 
●コミュニケーションは聞き手も努力が必要だと思いますが、伝える側の工夫も必要だと感じました。