フラワーエッセンスジャパンへようこそ

フラワーエッセンスジャパンは、地球に生まれたすべての人が自然の花のように個性ある命の始まりと終わりを迎えることを願って、2006年、横浜みなとみらいに設立されました。カウンセラーのワーカーズであるハートランドを母体とし、心理学、カウンセリング力を生かした講座カウンセリングにおけるフラワーエッセンス選びは、受講生の方、またクライアントの方からの厚い信頼をと支持を受けてきた実績を持ちます。

今月のフラワーエッセンス
ロックローズ(バッチ)

学名:Helianthemum nummularium
 

 

 
 
「先生、私、殺されちゃうかもしれない!」
物騒なセリフとともにカウンセラールームに飛び込んできたのは、2年の女子生徒Aさん。今どきのタータンチェックのスカートにブレザー、少し緩めたネクタイ。かわいらしい制服姿からは想像できない過激なセリフに、思わずあっけに取られ反応できない私…。「え?殺されちゃうって、どういうこと?」私の頭の中も「???」です。しかし、本人は本気で「殺されてしまう!」と信じている様子。その証拠に手はブルブルと震え、プチパニック状態です。とりあえず椅子に座らせて話を聞いてみることに。すると…。
Aさんにはとても仲の良いBさんという同学年女子のお友達がいました。しかし、仲違いをし、お互い二度と関り合わない!とライン・インスタ…などをすべてブロックし合ったそうです。ですが、Aさんのことが気になるBさん。友達たちに「Aさんは今、誰とつるんでるの?Aさんと最近出かけた?」とAさんの近況を聞き回っていたのです。それを知ったAさんは「Bさんが、私をストーカーしている!このままではBさんに殺される!」と私の所に駆け込んできたのです。このストーリーのどこに殺されるほどの要素があるのか「?」です。きっとこれを読んでくださっている皆さんも同じ意見だと思います。でも、このAさんは真剣に「殺される!」と思い込み、パニックになってしまっているのです。実はこのAのように物事を極端に飛躍して考えてしまい、プチパニックに陥る生徒は少なくありません。
この事例のように、手が震えてしまうほどの恐怖状態の時に使うと良いとされているフラワーエッセンスがあります。「ロックローズ」です。ロックローズは6~9月に開花する黄色いお花で、レスキューのボトルにも使われている緊急時に役立つエッセンスの1つです。小さいお花ですが、緑の葉っぱの中にあって目立つ黄色のお花は、「勇気を出して~、貴方なら乗り越えられるよ~。落ち着いて~。」とエールを送ってくれているように見えます。  学校内の出来事なので、Aさんにロックローズを勧めることは叶いませんでしたが、学校のカウンセラールームにもフラワーエッセンスが置けるようになれば良いのになぁと思った出来事でした。          
 
 
 
 

講座につきまして

新型肺炎の影響から、延期しておりました講座を、一部再開しておりますが、状況によって中止の可能性もあります。受講をご希望の際はお問い合わせください。