フラワーエッセンスジャパンへようこそ

フラワーエッセンスジャパンは、地球に生まれたすべての人が自然の花のように個性ある命の始まりと終わりを迎えることを願って、2006年、横浜みなとみらいに設立されました。カウンセラーのワーカーズであるハートランドを母体とし、心理学、カウンセリング力を生かした講座、カウンセリングにおけるフラワーエッセンス選びは、受講生の方、またクライアントの方からの厚い信頼をと支持を受けてきた実績を持ちます。

今月のフラワーエッセンス

マウンテン・フォーゲットミーノット(レンジ・オブ・ライト)
学名:Hackelia micrantha

 

キーワード:運命に影響を与えているカルマのパターンの記憶・ガイドとの繋がりと導き
 『耳を傾けて下さい。あなたをサポートし導く存在が、いつもあなたの側にいます。魂が迷っている時、孤独である時、あなたの高次の存在に質問をして下さい。ガイドはあなたを助ける準備をし、あなたのそばにいます』フラワーエッセンス普及協会の鵜飼さんのコメントです。
私は、前世でお坊さんであった時、言葉を発しない、誰かと会話をしてはいけない、という修行をしていたそうです。現生での私は喉が詰り、言葉を発する際に悪臭がするという神経症状に囚われ、人とのコミュニケーションが困難で、平静を装った精一杯のやり取りでも人に不快感を与え傷つけていました。恐れを持ちながらもあらゆる療法を試す中で、知りえた前世と、回復のために受けたいくつかのセラピーで、ほんの少し誰かの役にたてることが見つかりだした時に引いたカードです。マウンテン フォーゲットミーノットの波動(メッセージ)は、全てのフラワーエッセンスを使用する人にもあてはまると思います。植物や自然は常にメッセージを出している。気が付けばそこにあり、漠然としていた心に、今を生きることを思い出させてくれます。

フラワーエッセンスワンポイント情報 

しばらくお休みしておりましたワンポイント情報ですが、この春から再開となりました。ご覧いただく皆さまの日々の癒しや生活のサポートにお役立ていただけたら嬉しいです。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます☆

『女性性の受容とストレスフリーな日常のためのエッセンス(2)』

普段、リンパケアのセラピストとしてお客様の身体に触れておりますと、心の状態が身体にそのまま反映されているなと感じる事が多いです。肩コリ、腰痛、頭痛、不眠、めまい、白髪、生理不順、体温低下、免疫力低下、更年期症状など、、、。私自身もですが、悩みや心配事、日々のストレスなどが声なき声として巡り巡って身体の症状としてあらわれてくる。身体に様々な不調を出してメッセージを送ってくるといった感じでしょうか。
月のリズムやホルモンの関係からみると、より女性の方が身体に出やすいのではと感じています。身体への影響を受けやすい…。という事は、身体を整えたり心のケアをする事で、逆にそうした不調が改善されやすいとも言えます。実際、素直な方(聴く耳を持つという意味で)は改善に向かおうとする気持ちからの反応が早いです^ ^
もちろん男性にも女性性を、女性にも男性性を持ち合わせているのですが、性差や日々の状況を受け入れながら本来の自分に戻る事で、心や身体が楽に軽やかになる気がしています。“心と身体はつながっている”そんな事をシンプルに思い出させてくれるフラワーエッセンス。いつでも側にいて、そっとサポートしてくれます。


○人間関係の悩みに。自身の直感を信頼し、洞察力を育てます。
→イエロースターチューリップ(FES)

○更年期への移行期に。男性性が強いタイプに。女性性とのバランスをとります。
→タイガーリリー(FES)

○生理痛や不順に。月のリズムに身を委ね、滞ったエネルギーをスムーズに流します。
→マグワート(FES)

○ストレスからの体力消耗、冷え性な傾向に。心の安定をサポートします。
→ローズマリー(FES)

○不調時に薬や他者からのアドバイスを頼る傾向に。自分自身を信頼し、自己治癒力を発揮させます。
→セルフヒール(FES)

○生真面目さゆえのストレスに。流れに身を任せ、肩の力を抜く事で心に余裕が生まれます。
→ロックウォーター(バッチ)

 

メールマガジンお申込はこちらから

規約に同意する バックナンバー

powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ