グループサイト

これらのことを思い当たる方、悩んでいる方、
アサーティブトレーニングを始めてみませんか?
「アサーティブトレーナー養成秋季集中講座」
 
2018年 
10月27・28日・11月10・18・25日/全5回
10:30-16:30

 
 
「自分も相手も大切にする自己表現」=アサーティブは誰にとっても必要なコミュニケーション能力です。アサーティブを対人コミュニケーションに生かすことができると、自分に対する大きな安心感と自信が得られます。本講座では、まず自分自身がアサーティブトレーニングを体験することを中心にトレーナーとして必要となる知識を学んでいきます。短期間で認定資格を取りたい方のための講座です。

 

 
 
アサーティブヒューマンセンターでの学びの特徴
アメリカで始まったアサーティブトレーニングは、1980年代に日本に紹介されました。このトレーニングのすぐれた効果は教育分野や教師・看護師・介護関係、家庭の主婦などを中心に静かに着実に広がっています。
アサーティブヒューマンセンターの講座や研修のキーワードは「わたしもOK,あなたもOK」です。人権という視点から自他を尊重した誠実で率直な自己表現を学び、個人としても、また組織の一員としてもその場にあった適切なコミュニケーションのスキルが身につくようにトレーニングしていきます。 
また、アサーティブヒューマンセンターの講座は少人数制を特徴としています。じっくりと自分と向き合い学びを深めることが可能です。ひとりひとりを大切にサポート致します。
アサーティブトレーナーを目指す方、継続的にアサーティブを学びたい方、体験講座、単発講座でアサーティブの世界を体験してみたい方、それぞれに合わせた講座をご用意してお待ちしています。

<アサーティブヒューマンセンターお勧め体験講座>

アサーティブコミュニケーションロールプレイ実践講座
2018年9月17日・10月15日(月)/ 各1回
 
アサーティブトレーニング日曜体験講座
2018年9月2日  14:00-16:30(150分)       
10月14日、11月11日、12月9日 10:30-13:00(150分)/ 各1回

 

上野にて開催「癒しのコミュニケーション・アサーティブ」

 
アサーティブは誰にとっても大切で役に立つコミュニケーションスキルです。アサーティブを人間関係に活かすことができると気持ちが楽になり自信と安心感が生まれます。アサーティブを学んで新たな自分と出会ってみましょう!!
 
日時:8月,10月,12月,2月 第1土曜日開催
 

メッセージFromAHC〜AHC代表からのメッセージ

アサーティブトレーニングは基本的人権の考え方を基盤としていることが大きな特徴です。私にとってのアサーティブトレーニングは、この人権をもとに作られた10個のアサーティブ権を行使することから始まりました。
幾つかご紹介しますと、
「自分の心と身体を大切にしてよい権利」
「他人から人として尊重される権利」
「困った時には助けを求めていい権利」
「嫌な時には断っていい権利」
「自分の感情、意見、価値観を言葉で伝えていい権利」
「間違ってもいい権利」・・・
    
私はこれらの権利に励まされ、助けられました。これらの権利が自分にあると認識することで、自分の中に力が湧いてくるのを感じてきました。
最近ではパワハラ、セクハラ、DVなどの人権問題ばかりでなく、閉ざされた中で起きている支配服従、圧力なども問題視されています。
個人では無力かもしれません。でも自分に権利があることを知っているだけでも、支えになると思います。次の行動に繋がるかもしれません。ぜひ皆さんに知っていただき自分の力にしていただきたいと願っています。
 
                 アサーティブヒューマンセンター  有野 享子
 

アサーティブなエッセイ〜アサーティブのツボ

こんにちは!トレーナーのふみです。  
先日、息子が9歳の誕生日を迎えました。小さい頃から気持ちを言葉にして対話をすることを大切にしてきました。けれども、時に感情が胸に引っかかることがあります。  ついこの間のことです。いつも元気で明るい息子が、何だか沈んでいる様子の息子。「何かあったのかな?」と聞いてみたら、「ママ、よくわかったね」と。イヤなことを思い出したのだそう。聞いてみると、昨年の話。年下の1年生の子から悪口を言われたことでした。  息子曰く、あまり知らない子から「名前なんていうの?」と聞かれ、名前を言ったら、急に“○○息子の名前)ゴリラ!”と急に悪口を言われたのだそう。思わぬ不意打ち。息子はビックリしてショックを受けたらしく、傷ついたことを言えずにガマンをしたらしいのです。昨年の出来事ですが、思い出してしまったのでした。
感情はフタをするといつかフタを開けて出てきます。息子に「それはショックなことだったね…。悪口を言われて本当はどんな気持ちだったかな?」と聞いてみたら少し考えて、「悔しいというよりね、悲しかった」と言って、大粒の涙がポトリと…。そのあと息子の表情が明るくなりました。  どんな感情も大切。感情をガマンしたりフタをすると苦しくなっていきます。本当は直接言われた子に伝えられたら良かったのかもしれません。けれども、誰かに気持ちを伝えてみることでも気持ちが軽くなったりします。
気持ちを伝えることをアサーティブでは大切にしています。気持ちを伝えることは恥ずかしいことではありません。気持ちを伝えあえる(ただし、一方的にマイナスの感情を置きみやげにすることなく)、そんな関係が身近にあるといいのだろうなと改めて感じた瞬間でした。
レッツエンジョイ!アサーティブライフ☆

アサーティブヒューマンセンター メルマガ登録・解除はこちらから

規約に同意する バックナンバー

powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

 

 

  

 

 
 
 

アサーティブは対人関係のライフスキル(生き方の技術)の一つです。このスキルを練習することを「アサーティブ トレーニング」と言います。
アサーティブとは、自分がどう感じているのか、何を望んでいるのかを知って、がまんするのではなく、相手を尊重しながら率直に伝えることができるコミュニケーションのスキルです。
また、お互いの感情や意見の違いが、マイナスになるのではなくむしろプラスに転化することを可能にするコミュニケーションのスキルでもあります。