グループサイト

これらのことを思い当たる方、悩んでいる方、
アサーティブトレーニングを始めてみませんか?
「アサーティブトレーナー養成冬季集中講座」
 
2018年 1月13、14、27日、2月4、10日/ 全5回 

10:30-16:30
 
「自分も相手も大切にする自己表現」=アサーティブは誰にとっても必要なコミュニケーション能力です。アサーティブを対人コミュニケーションに生かすことができると、自分に対する大きな安心感と自信が得られます。本講座では、まず自分自身がアサーティブトレーニングを体験することを中心にトレーナーとして必要となる知識を学んでいきます。短期間で認定資格を取りたい方のための講座です。
アサーティブヒューマンセンターでの学びの特徴
アメリカで始まったアサーティブトレーニングは、1980年代に日本に紹介されました。このトレーニングのすぐれた効果は教育分野や教師・看護師・介護関係、家庭の主婦などを中心に静かに着実に広がっています。
アサーティブヒューマンセンターの講座や研修のキーワードは「わたしもOK,あなたもOK」です。人権という視点から自他を尊重した誠実で率直な自己表現を学び、個人としても、また組織の一員としてもその場にあった適切なコミュニケーションのスキルが身につくようにトレーニングしていきます。 
また、アサーティブヒューマンセンターの講座は少人数制を特徴としています。じっくりと自分と向き合い学びを深めることが可能です。ひとりひとりを大切にサポート致します。
アサーティブトレーナーを目指す方、継続的にアサーティブを学びたい方、体験講座、単発講座でアサーティブの世界を体験してみたい方、それぞれに合わせた講座をご用意してお待ちしています。

<アサーティブヒューマンセンターお勧め体験講座>

現役看護師によるアサーティブ体験講座
2017年11月12日(日)
 
職場・家庭に活かすアサーティブ体験講座
2017年11月18日(土) 2018年1月28日(日)
 
アサーティブトレーニング日曜体験講座
2017年11月19日(日)12月3日(日)2018年1月7日(日)2月25日(日)

 
いい夫婦の日 夫婦のほっとするコミュニケーション講座

 

 

2017年11月5日(日)11月22日(水)

 

11月22日は「いい夫婦の日」ですね。時々ケンカはしても、いい夫婦でいたい、長く幸せを感じる夫婦でいたいのは、みなさんの願いだと思います。
この講座ではワークを体験していただきながら、夫婦における自分も相手も尊重したコミュニケーションとは何かをお伝えします。
これから結婚予定の方、会話にズレを感じているカップル、仕事で忙しく会話する時間の少ないご夫婦、ご興味のある方、どなたでもご参加できます。

 

メッセージFromAHC〜AHC代表からのメッセージ

アサーティブとは自分の意見をはっきり言う、或いは言いにくいことをどう伝えるかということに終始していると思われがちですが、決してそれだけではありません。
 
誉めることを始め、「ありがとう」「お疲れ様」といった感謝や労い、「大変だね」「頑張って」など共感や励ましなどの肯定的な言葉かけをとても大切にしています。
人間関係を良好にしていく上では、お互いさま、おかげさまなど、相手への思いやりや敬意、謙虚さがとても大切です。アサーティブにはそういった相手を配慮する優しさが根底にあります。
自分の周りの身近な人間関係はもちろんですが、例えば接客してくれた店員さんに、「ありがとう」と言ったり、エレベーターでボタンを押してくれている人に「お先に」と会釈をしたり声をかけたりすることなど、街中で出くわしたさまざまな場面でも挨拶や肯定的な言葉を自然に伝えられることは、とても素敵なことだと思います。
 
肯定的なことを言うのは簡単なようですが、実は不得意な方もいらっしゃいます。またある特定の相手には、難しいという方もいらっしゃるでしょう。
恥ずかしい、照れがある、言い馴れていない、言うまでもない、そんな理由が並ぶかもしれません。でも少しだけ頑張って言ってみましょう。肯定的な言葉は相手にも自分にも、お互いの関係性にもプラスに作用しますので。
苦手なかたはトレーニング、やってみませんか?私はこのトレーニングが大好きです。
 
                 アサーティブヒューマンセンター  有野 享子
 

アサーティブなエッセイ〜アサーティブのツボ

こんにちは!トレーナーのふみです。
 先日、「職場の上司が許せないんです」という女性と話をする機会がありました。仕事中、上司がお客様に「うちの職場はブスばかりだ」と自分や他にも職場の女性がいる目の前で言ったことが許せなくて思い出すと腹立たしいのだとのこと。  確かに人の容姿について悪く言うのは許し難いことですが、まずはその方自身がそれを言われてどんな気持ちだったのかを聞いてみました。少し考えていましたが、ショックで傷ついたとのこと。それは傷つきますよね。
気持ちを聞いたら落ち着いてきたようでしたので、少し違う切り口で話をしてみました。世の中には色々なタイプがいて、ワザと人をおとしめるようなことを言う人もいれば、キツイ冗談を言う人もいる…中にはへりくだるために人をダシにつかうこともあると言いましたら、ハッとされました。
 聞いてみると、そのお客さんは一緒に妻を連れてきていて、その方が綺麗な人だったのだそう。もしかしたら、その妻を立てるために「うちの職場はブスばかり」と言ったのかもと。上司が素直に率直に「お綺麗ですね」と褒めることができたなら、職場の女性を敵に回さずに済んだかもしれません。
 怒っていると冷静になれないですし、一方的にしか物事が見えなくなりやすいものです。違うものの見方をしてみると、とらわれていた怒りから解放されることがあります。
その前に、変にへりくだって誤解されるコミュニケーションは避けていきたいものですね。レッツエンジョイ!アサーティブライフ☆

アサーティブヒューマンセンター メルマガ登録・解除はこちらから

規約に同意する バックナンバー

powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 

アサーティブは対人関係のライフスキル(生き方の技術)の一つです。このスキルを練習することを「アサーティブ トレーニング」と言います。
アサーティブとは、自分がどう感じているのか、何を望んでいるのかを知って、がまんするのではなく、相手を尊重しながら率直に伝えることができるコミュニケーションのスキルです。
また、お互いの感情や意見の違いが、マイナスになるのではなくむしろプラスに転化することを可能にするコミュニケーションのスキルでもあります。