グループサイト

「アサーティブトレーナー養成秋季集中講座」
 
2017年 10月1、8、9、14、21日/ 全5回 

10:30-16:30
 
「自分も相手も大切にする自己表現」=アサーティブは誰にとっても必要なコミュニケーション能力です。アサーティブを対人コミュニケーションに生かすことができると、自分に対する大きな安心感と自信が得られます。本講座では、まず自分自身がアサーティブトレーニングを体験することを中心にトレーナーとして必要となる知識を学んでいきます。短期間で認定資格を取りたい方のための講座です。
アサーティブヒューマンセンターでの学びの特徴
アメリカで始まったアサーティブトレーニングは、1980年代に日本に紹介されました。このトレーニングのすぐれた効果は教育分野や教師・看護師・介護関係、家庭の主婦などを中心に静かに着実に広がっています。
アサーティブヒューマンセンターの講座や研修のキーワードは「わたしもOK,あなたもOK」です。人権という視点から自他を尊重した誠実で率直な自己表現を学び、個人としても、また組織の一員としてもその場にあった適切なコミュニケーションのスキルが身につくようにトレーニングしていきます。 
また、アサーティブヒューマンセンターの講座は少人数制を特徴としています。じっくりと自分と向き合い学びを深めることが可能です。ひとりひとりを大切にサポート致します。
アサーティブトレーナーを目指す方、継続的にアサーティブを学びたい方、体験講座、単発講座でアサーティブの世界を体験してみたい方、それぞれに合わせた講座をご用意してお待ちしています。

<アサーティブヒューマンセンターお勧め講座>

現役看護師によるアサーティブ体験講座
2017年9月9日(土)
 
職場・家庭に活かすアサーティブ体験講座
2017年9月24日(日) 11月18日(土)
 
アサーティブトレーニング日曜体験講座
2017年8月27日(日)9月17日(日)

 

メッセージFromAHC〜AHC代表からのメッセージ

最近よく耳にする自己肯定感。先日「私は自己肯定感が低いのでアサーティブはできないと思います。」とおっしゃる方に出会いました。
 
あらら・・・残念、何て大きな勘違いをされているのでしょう。
 
確かにアサーティブって自己主張とか自己表現と言われていて自己肯定感が高くないと無理だよねって思いたくなるのもわかります。でもそれは違います!逆にアサーティブをやってみることで、自尊心とか自己信頼の根っこが育ってくるため自己肯定感はアップするのです。
 
何故でしょうか? アサーティブの基本から幾つか理由を挙げてみましょう。
 
理由1、アサーティブはもともと人権という考え方が基盤になっています。「自分を大切にしていい権利」とか「他人から人として尊重される権利」を認識することは自己肯定感を高めることに直結します。
 
理由2、アサーティブは最初に、自分の気持ちに気づき、それをそのまま受容しましょうと言っています。自分の中にある気持ちや感情にウソがない、自分自身を偽っていないということは自分への信頼につながります。
 
理由3、「人はみな優劣がなく互いに平等であること=対等性」を意識することで、自己肯定が増してきます。
 
理由4、私達は選択する自由と、それにともなう責任があります。これは自律したひとりの人間として欠かせないもので、自己肯定感を高めるための大きな意味があります。
 
理由5、アサーティブな表現で最も大切な自己開示(Iメッセージ)は、他者を傷つけることなく自分の気持ちを素直に表現することができるスキルです。これによって他者と安心したコミュニケーションをすることができ肯定感がアップします。
 
いかがでしょう。アサーティブと自己肯定感の相乗効果をおわかりいただけたのではないでしょうか。
 
 
 
                 アサーティブヒューマンセンター  有野 享子
 

アサーティブなエッセイ〜アサーティブのツボ

 
こんにちは!トレーナーのふみです。
 
 先日、子どものワークショップをサポートしていたときのこと。発達障害のあるお子さんと接していました。腕を伸ばして肩甲骨をくっつけるストレッチをしていたときに、横に付き添って一緒にしてみることにしました。
 
 インストラクターの指示は「こうやって腕を後ろに伸ばそうね」、私も「腕を後ろに伸ばすんだよ。」「肩甲骨をくっつけて。腕は伸ばして肩甲骨をくっつけてね」と言ったら、“言っていることが違う!ウソつき!”と怒ってしまいました。
 
一瞬ビックリしましたが、…そうでした。一つの行動に一つの指示じゃないと混乱してしまう…そのことに気づきました。
 
 私はあえて微笑みながら「ウソじゃないんだよ~ほら、腕を伸ばすと肩甲骨がくっつくでしょ?」と見せると、ようやく納得。もしこれで、真面目な顔をして正しいことを言って説得したとしても関係性がよくなる保証はありません。敵意は無いよ、安心していいよと思ってもらうためには微笑むのが一番早い方法。 
 
 その後、そのお子さんとは好きなことを共有しながら過ごすことができましたが、何だか考えさせられました。丁寧なコミュニケーションをしていなかったな…と反省。時間は多少かかるかもしれないですが、伝わるように伝える…身近な家族ほどできていないな…と、これまた反省。独りよがりのコミュニケーションにならないように気をつけたいと思ったできごとでした。
 
レッツエンジョイ!アサーティブライフ☆

アサーティブヒューマンセンター メルマガ登録・解除はこちらから

規約に同意する バックナンバー

powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 

アサーティブは対人関係のライフスキル(生き方の技術)の一つです。このスキルを練習することを「アサーティブ トレーニング」と言います。
アサーティブとは、自分がどう感じているのか、何を望んでいるのかを知って、がまんするのではなく、相手を尊重しながら率直に伝えることができるコミュニケーションのスキルです。
また、お互いの感情や意見の違いが、マイナスになるのではなくむしろプラスに転化することを可能にするコミュニケーションのスキルでもあります。