グループサイト

名前:桜木アサ子 
年齢:アラフォー
家族:夫と娘(小2)
仕事:契約社員
アサーティブ歴:一年  

はじめまして。桜木アサ子です。アサーティブを学び始めて一年。まだまだ若葉マークですが、ようやく少し身についてきた感じです。このコーナーでは私の小さなアサーティブ体験を紹介していきます。どうぞよろしくお願いします。

 
 
桜木アサ子です。仕事から帰って急いで料理をし始め、イライラすることがあります。
 
それは、カレーを作ろうとして、じゃがいもが腐っていた時。肉じゃがを作ろうとして、じゃがいもが腐っていた時。野菜はスーパーで購入しているので、大量のストックはありません。結果、ボリュームダウンした料理になってしまいます。
 
そうだ、いい機会だ。アサーティブのトレーニングをしてみよう。まずは自分の気持ちに気づくトレーニングだったわね。今の私はどんな気持ちがしているだろう・・・。自分に聞いてみると、やっぱりイライラしています。嫌な感じは通り越しています。でも感情に良し悪しはないことは学習済み。なんでこんなにイライラするの~と更に気持ちを探ってみました。すると怒りの素顔は、「焦り」「落胆」「やるせない」気持ちがあったのです。子どもも、私もお腹が空いて限界。早くご飯を作ってあげなくてはいけない。じゃがいものストックはなく、スーパーの場所は遠い。私なりに家事も一生懸命やろうとしても、うまくいかないことがたくさんあります。自分に声をかけました。「がんばっているのを知っているよ」ストレスに役立つセルフトークです。
 
アサーティブトレーニングを始めたことで、ただ無駄にイライラするだけだった生活が変わりました。怒りの素顔に気づくことで、自分がいじらしくさえ思えることがあるのです。次回はこの続きをお伝えします。