グループサイト

これらのことを思い当たる方、悩んでいる方、
アサーティブトレーニングを始めてみませんか?

お知らせ
ホームページをご覧いただきありがとうございます。
アサーティブヒューマンセンターでは新型コロナウイルス感染拡大の感染防止策として、NPOスクエア共有スペースの利用や、仕切り版の設置、テーブル等の消毒などに努めております。また各講座少人数制(4名まで)をとって安全に配慮しております。受講生の皆さまには、手の消毒やマスク着用などのご協力をいただけますようお願いいたします。
尚、アサーティブマンツーマントレーニングは、ご希望に合わせてオンラインが可能です。
ご質問等ございましたらお気軽にメールにてお問い合わせください。どうぞよろしくお願いいたします。

 アサーティブトレーナー養成講座 春夏コース
2022年3月・4月・5月・6月・7月(全5回)
毎月第3日曜日に開催

 


 
 
「自分も相手も大切にする自己表現」=アサーティブは誰にとっても必要なコミュニケーション能力です。アサーティブを対人コミュニケーションに活かすことができると、自分に対する大きな安心感と自信が得られます。本講座では、まず自分自身がアサーティブトレーニングを体験することを中心にトレーナーとして必要となる知識を学んでいきます。短期間で認定資格を取りたい方のための講座です。
 
 

 
アサーティブヒューマンセンターでの学びの特徴
アメリカで始まったアサーティブトレーニングは、1980年代に日本に紹介されました。このトレーニングのすぐれた効果は教育分野や教師・看護師・介護関係、家庭の主婦などを中心に静かに着実に広がっています。
アサーティブヒューマンセンターの講座や研修のキーワードは「わたしもOK,あなたもOK」です。人権という視点から自他を尊重した誠実で率直な自己表現を学び、個人としても、また組織の一員としてもその場にあった適切なコミュニケーションのスキルが身につくようにトレーニングしていきます。 
また、アサーティブヒューマンセンターの講座は少人数制を特徴としています。じっくりと自分と向き合い学びを深めることが可能です。ひとりひとりを大切にサポート致します。
アサーティブトレーナーを目指す方、継続的にアサーティブを学びたい方、体験講座、単発講座でアサーティブの世界を体験してみたい方、それぞれに合わせた講座をご用意してお待ちしています。

!!NEW!!  アドラー心理学から学ぶ勇気づけ講座
◆アドラー心理学の基本講座
日 程    2022年1月23日(日)10:00-11:30(90分)
アドラー心理学から学ぶ勇気づけ講座
日 程 2022年2月6日(日)13:00~17:00(240分)第1章~第6章
    2022年2月20日(日)13:00~17:00(240分)第7章~第12章
※初めての方でも本講座にお申込できます。
場 所 ZOOMでの開催です。
 
アドラー心理学は、家庭でも、職場でも、どんな人間関係でも活かせる学びです。ワークを通じて自己肯定感を高めて、より前向きな勇気づけを実践できるとともに、自分・他者とのコミュニケーションの取り方を学びます。
<このような方にお勧めです>
・子育てのイライラから、脱却したい!
・自分自身も、怒りんぼママ・パパから、ニコニコママ・パパに変わりたい!
・夫婦の関係をもっとよくしたい!
・会社での人間関係に悩んでいる
 

 

 

アサーティブロールプレイ実践講座
日 程    2022年1月16日・2月13日(日)/全2回開催
時 刻    13:30-15:30(120分)
アサーティブの基本、自分も相手も尊重した自己表現を軸に「自分がどうしたいのか、相手とどういう関係を作りたいのか」を考えながら、伝え方の実践的な練習をしていきます。
1日目:アサーティブとは。基礎を学ぶ
2日目:セリフを考え伝え方の練習をする
 
 

<アサーティブヒューマンセンターお勧め体験講座>

アサーティブ平日体験講座
2022年1月20日(木)・2月25日(金)
13:30-15:30(120分)/ 各1回
場所:ハートランド教室
 
アサーティブ日曜体験講座
2022年1月23日・2月27日
10:30-12:30(120分)/ 各1回
場所:ハートランド教室
  

NEW!! オンラインにて開催します
 
オンライン アサーティブ体験講座  

自分も相手も尊重する自己表現、アサーティブ。
具体的にはどんなものなのでしょうか。
本体験講座は、「アサーティブ」を全く知らない方でも、身近な例を共有しイメージしていただき、
ワークも取り入れながら体験的に学べます。

オンライン アサーティブ基礎講座

本基礎講座は、「アサーティブ」を全く知らない方でも、身近な例を共有しながら講座を進行しますので、安心して受講できます。
また、アサーティブという言葉は知識としては知っているけど、もう少し体験的に学びたいという方やコミュニケーションを学びたいという方などにもお勧めです。                 
体験講座終了後にもっと深めたいと思っていただいた方も、こちらへどうぞ!

 

 

<オンライン 生涯学習講座のお知らせ>
「ストレスが軽くなる!
自分も相手も大切にするためのコミュニケーション講座」
~アサーティブを体験してみよう~

2022年
スカイプにて開催予定
受講料:1,000円 
自分も相手も尊重する自己表現、アサーティブ。
具体的にはどんなものなのでしょうか。
「アサーティブ」を全く知らない方でも身近な例を共有し、ワークも取り入れながら体験的に学べます。

 
講座の体験談はこちら(外部サイト)
 
 
   
 
 
 
 
 
 
 お申し込みはこちらから
 
  ※クリックでチラシが拡大します。 

メッセージFromAHC〜AHC代表からのメッセージ

コロナウイルスのパンデミックから二年が経ちますね。この間いやおうなしに受け入れてきたさまざまな行動や生活スタイルが、いつの間にか日常になっているのを感じます。これからもこの状況を受け入れて折り合いをつけながら、更に新たなスタイルを取り入れるための模索が続くのでしょう。
ただハード面はなんとか変えることができても、人の心はそう簡単に割り切れるものでも、順応できるものでもありません。
思い返せば未知のウイルスへの不安や恐怖から始まって、ソーシャルディスタンスによる孤立感や孤独感、先が見えないことへの怒り、そして落胆、医療現場の無力感 etc….
今は誰の心の中にも言葉にできなかった感情が澱のように溜まっているように思います。蓋をしたまま放置している様々な感情は、後々形を変えて出てくることもあります。自分は大丈夫と思わずに、早めに心のケアをすることが大切ですね。
またコロナ禍で気になるのが、他者との温度差や価値観の違いによって生じた困惑や怒りが、人間関係に影を落としていることです。違い自体は悪いことではなくあって当然なのですが、中には違いがヒビとなって残ってしまうこともあります。もしモヤモヤした気持ちを感じていたら、抱え込まずに相手に伝えてみましょう。または所属集団の中で話し合うことも有効です。自己開示しながら対話をすると、違いがより明確になってしまうのではという不安があるかもしれません。でもそれはお互いを理解するチャンスにもなります。理解できれば歩み寄れることがきっとある。その可能性を見つけることが大切だと思います。(202201)
       アサーティブヒューマンセンター   有野享子

アサーティブなエッセイ〜アサーティブのツボ

こんにちは!トレーナーのふみです。
コロナ禍で迎える2度目の年末年始、皆さまいかがお過ごしでしょうか。日常の当たり前が当たり前ではなくなった一方で、身近な「当たり前」を見直す人も出てきたのではないでしょうか。おうち時間が増えたことで、我が家では”家事“について見直し始めました。
 きっかけは休日の朝、息子の「お腹すいた」という何気ない一言。中学生になったので、自分で作れるはずなのです。そもそも「ご飯」「お腹すいた」の一言で、食事が自動的に出てくるわけではありません。しかも父親には言わず母親に言うのが「当たり前」になっていること自体おかしいぞと疑問を抱きました(そういえば、昨年の最初の緊急事態宣言の際に学校が一斉休校になった後、ママ達のイライラ原因の一つに「給食が無いから、お昼ご飯を作らないといけない」ということがありました)。
何とも言えないモヤモヤ感が残ったこともあり、朝起きてから夜寝るまでの家事について一つ一つ行動をリスト化してみたのです。そうしたら、毎日の家事、不定期の家事を合わせると何と170以上!!!!家事を手伝っているといっていても、可視化をしてみたら夫や息子がしている家事は全体の15~20%もありませんでした。しかも、「主体的」にしている家事はほぼ皆無。車の送迎以外は子どもでもできる「お手伝い」レベルだったということに気づいてしまいました。「お手伝い」レベルと「主体的」家事レベルとでは大違い!!色分けをして可視化してみることで、約8割の家事を私は無償労働しているという現実を目の当たりにしてしまったのです。 
玄関のゴミ出しはするけれど、ゴミは仕分けして袋にまとめることはしない。使った皿をさげたり、皿を洗うことはしてもシンクや排水溝の掃除はしない。トイレットペーパーは買ってきても、トイレットペーパの芯は捨てない。カーテンは開けるけど、カーテンは洗わない…家事をしているのか、家事を手伝っているのか、その差は大きいなぁと思います。
今は男女ともに技術・家庭科を学びますし、共働きが多い世の中です。言われてお手伝いをするレベルの男性の家事を見直す時期なのではと思うのです。朝起きてから寝るまでの家事リスト、どれだけのことを女性達は当たり前のこととして主体的に家事をこなしているのでしょう…まずは女性達が家庭の中で声をあげることからなのでしょうね。可視化した家事リストをみたら意識が変わるのでは?と思います。
日常の何気ないことが「当たり前」のことではなく「誰かが自分の代わりにしてくれていること」と思えるだけでも気持ちは違ってきますし、閉塞感を感じやすい世の中だからこそ気持ちよく乗り越えていくための一つの処方箋になれたらと思います。
レッツエンジョイ!アサーティブライフ☆
 
 アサーティブヒューマンセンター副代表       長縄 史子

 

 

  
 


「ハートランド」LINE公式アカウントを開設いたしました。
今後ハートランド開催の講座の情報などを発信いたします。
よろしければ、ぜひリンクから友達登録をお願いいたします。
 
 
 

アサーティブは対人関係のライフスキル(生き方の技術)の一つです。このスキルを練習することを「アサーティブ トレーニング」と言います。
アサーティブとは、自分がどう感じているのか、何を望んでいるのかを知って、がまんするのではなく、相手を尊重しながら率直に伝えることができるコミュニケーションのスキルです。
また、お互いの感情や意見の違いが、マイナスになるのではなくむしろプラスに転化することを可能にするコミュニケーションのスキルでもあります。