顧問よりご挨拶

精神保健の充実が叫ばれるようになって久しい。こころの病の早期発見と治療、再発防止には精神科の関与が必須であるが、その前提となる疾患予防や国民全体のこころの健康増進については、医療者の力が及ばない場合が多いことも痛感させられる。こうした時代に、ワーカーズコレクティブ ハートランドの取り組みは興味深い。個別・電話カウンセリングから子育て、アサーティブについての研修など多岐にわたるサービスが10数年にわたり継続して提供されている点、市民・消費者の視点を基本にした運営は信頼に値する。需要に供給が追いつかず疲弊気味の精神医療従事者としては、頼もしいパートナーを得た気分である。  

公益財団法人 横浜勤労者福祉協会 うしおだ診療所 副所長
精神科医 野末浩之

ワーカーズコレクティブ ハートランドは2002年に神奈川ゆめコープの心理カウンセリング ワーカーズとして発足しました。ワーカーズコレクティブ(W.Co)とは雇用される働き方ではなく、一人ひとりが持っている「知恵・時間・労力」を出し合って、仕事作りとこころの通い合うたすけあいの仕組みをつくることを目的にした非営利の組織のことをいいます。日本ではあまり聞きなれない言葉ですが、フランスでは「アソシアシオン」のネーミングで非営利の民間組織として広く国民生活に浸透しています。
 
さて、イタリアの精神科医のロベルト・アサジョリは「すべての人間にはバランスのとれた人格を発達させ、自分自身を最大限に活かすことのできる潜在的能力があり、各自が自己の発達に責任がある」と言いました。わたし達はこの間、みんなで力をあわせながら女性も男性も、そして子どもから高齢者の方までを対象に、個人カウンセリング、各種講座、また専門家の養成講座を通じて「各自の能力の発揮」の応援をしてきました。もちろん私たち自身、海外も含め、日本全国の多くの方がたに支えていただきながら。
 
失敗しても大丈夫!人生は何度でもやりなおすことができる!
 
ご一緒に自分らしい人生の扉をノックしてみませんか?
 

田中恵子

共同代表挨拶


新緑の候(老いの底力)

 花々や緑の美しい頃となりました。窓を開ければ、爽やかな風が緑の風を運んできてくれます。ハートランドのある横浜周辺も人出が多くなりました。
帽子をかぶり、リュックをしょったお一人様が目につきます。日本も高齢化が進み、毎日サンディーの方々が増えてきました。65才以上の高齢化率は27パーセントをこえ、平均寿命もとうに80才をこえました。高齢化の世界最先端を走っています。
敬老~あれ?という現場を見かけることがあります。人 の話をきかない、すぐにきれ怒り出す、 、、なんで、と思いますがでも其れが老いなのかもしれません。名前が出てこない、すぐさま忘れてしまう。体が思うように動かず、外出もままならなくなります。何もする気がなくなり「前向きに」 といわれてもエネルギーもなくなり、孤独を感じることも多くなるでしょう。見る力、聞く力、噛む力、歩く力は若い頃と同じにはいかなくなります。
でも現在の若者達もいずれ高齢化へと進みます。
年はみな、平等にとるものなのです。
しかし今の日本があるのも、お一人様達が頑張って日本経済を作り上げたおかげもあるでしょう。今後の日本がどうなるか~世界の政治地図も変化の時期がきているように思われます。
まだまだシニアには力のある賢老者がたくさんおられます。高齢者を保護し、「静かにしていなさい」 ではなく、スペシャリストでなくても能力や経験を生かし社会に貢献できる方々を大切に、場を広げて欲しいと願います。
若い人達を後ろから支えていけたら、すばらしいではありませんか。
あれもできないない、これもできなくなった~と嘆き、思いつめたりせず、少しあきらめ、見る方向を変えると、また違う風が流れてきます。友人関係も、家族関係も子供との関係も変化していきます。お互いに上手な自立が大切なのでしょう。老化ということは一つ一つできなくなったことを、諦めて捨てていくことなのかもしれません。できないことを数えるのではなく、できることに目を向け、できることまで諦めることはありません。
スイスの哲学者の言葉に「心が変われば行動が変わり、行動が変われば習慣が変わり、習慣が変われば人格が変わり、人格が変われば運命が変わり、運命が変われば人生が変われる」  素敵な言葉ですね。
 
 
ハートランド共同代表
 
志岐恵華

 

トリプルP(Positive Parenting Program )で
楽しく過ごす子育てのコツ 
 
前向き子育てセミナー全8回コース  
2018年5月11日(金)スタート
日時:
5月11・18、6月1・8・15・29、7月6・13日(金)
10:30-12:30
受講料:24,000円(全8回分)分割可
 
【前向き子育てプログラム~グループワーク】
2018年10月開催予定
全8回(電話セッション3回を含む)
*電話セッション:マンツーマンで1回30分~60分
参加者3人以上より開催可

 

トリプルP  (前向き子育てプログラム)とは 
オーストラリア・クイーンズランド大学で研究開発され、世界25カ国で実施されている認知行動療法に基づく子育て方法です。 対象は、子どもたちを育てている保護者の皆様。子どもの年齢は、1歳ぐらいから12歳ぐらいまで。 2歳児のイヤイヤや、毎日の兄弟げんか、などなど子育てが上手くいかなくて悩むことがありませんか? 上手くいかない理由をさがしてみませんか。ちょっとしたヒントが、きっとみつかります。

会 場:横浜ワールドポーターズ6F 
NPOスクエア内ハートランド教室
講師  野北康子(保育士・トリプルP認定ファシリテーター)
 

 
 
 
 

 

 
 
5月 頼む 10の権利
2018年5月6日(日)10:30-12:30
6月 感情とは・非言語メッセージ
2018年6月3日(日)10:30-12:30
6月 バウンダリー
2018年7月1日(日)10:30-12:30
 

月1回、無理なくアサーティブを学んでみませんか?まずはアサーティブを知り、自分自身に気づくことからスタートです。身近な人間関係で起こる不安、苦手意識、何となく感じる生きにくさなどの悩みに対応し、解決の糸口を見つけていくことができる講座です。いつからでも始められます。体験講座を事前に1回受講している方が対象です。毎月第一日曜日10:30-12:30開講。※1回のみの受講もできます。

 
 

 

ロールプレイを軸に個々の問題に取り組もう
 
 
日時:2018年5月17日(木)6月8日(金)
13:30-16:30
 

 

アサーティブの基本、自分も相手も尊重した自己表現を軸に「自分がどうしたいのか、相手とどういう関係を作りたいのか」を考えながら、少人数で伝え方の実践的な練習をしていきます。批判への対処の仕方や怒りなど感情のコントロールとその表現など個々の問題に丁寧に取りくみます。勇気を出してアサーティブなコミュニケーションにトライしてみませんか?企業のリーダーや対人援助職の方など、どなたにも役立つ講座です。※1回のみの受講もできます。

 

 

 
 

個人の問題をアサーティブスキルを取り入れながら、ご一緒に考えていきませんか。マンツーマン形式です。その方にあったアサーティブの知識やスキルを取り入れることで、悩みや問題を無理なくトレーニングしていきます。人前で自分の意見を言いたいとか、苦手な相手との付き合い方はもちろん、様々なハラスメントやトラウマから生じている人間関係の持ち辛さなどにも丁寧に対応していきます。1回から受講可能です。日時は話し合って決めさせていただきます。

 

 
  

安心できる場で、日々の生活の中で困ったこと悩んだこと、感じたこと考えたことなどを話したり、他の方の話を聞いたりしながら自分をケアする方法やアサーティブな考え方などを取り入れていきます。コーヒーブレイクもある暖かい輪の中で、ゆっくりと新しい自分に出会っていきます。
 

日時:5月6日(日)6月3日(日)
15:00-17:00
 

 
 

 

 
  

どんな小さなことでもご自身の実際の解決したい問題についてロールプレイをしながら丁寧に改善のためのアドバイスをいたします。対人関係のスキルが身に付く内容です。
 

日時:5月20日/ 6月17日/7月15日(日)
14:30-16:30月1回(毎月第3日曜日)
 
 

 
 

 

ページの先頭へ